6枚の中から1等が当たりました

年賀状は学生時代から、休みが終わったらすぐに会えるのだから書く必要なんかあると思っていたので自分から進んで書く事はなく、友達からきたら仕方なく返信していました。

社会人になり当然のことながら職場の同期は当然のことながら先輩にも年賀状は送りませんでした。
年賀状が届いたのは全部で6通でした。6枚の年賀状だったので当たることはないと思っていたし興味もなかったのでお年玉年賀はがきの当選も見ずにいました。

春くらいになり、母からお年玉年賀はがきがあたっているかどうか見ておくから渡すよう言われたので、渡して仕事に行きました。
仕事から帰ると母が真剣な顔で、年賀状と当選番号が書いてある紙を渡してきて見るよう言いました。そうすると1等が当たっているではありませんか。
何度も見直し年賀状が去年の分ではないかなども確認しました。嬉しいというよりびっくりでした。
それを持って郵便局に持っていくと職員も郵便切手くらいと最初は思っていたみたいで何が当選しているのかわからなく、1等が当選しているのを確認し、これ1等ですよねとびっくりした感じで言ってくれたのを覚えています。


Comments are closed here.